テクノロジー TECHNOLOGY

フードロスを減らし、 “腸活”を劇的に変える!? スマートスターチが描く新常識

長谷川茂雄

バナナといえば、もっともポピュラーなフルーツの一つ。とはいえ、バナナ(とりわけ黄色く熟す前のグリーンバナナ)から、“レジスタントスターチ”と呼ばれる難消化性のでん粉が多く抽出できることは、ほぼ誰も知らない。レジスタントスターチには、腸内環境を整え、人々を健康にする数多くの効能がある。しかもフードロスを減少させ、SDGs(エスディージーズ)にも寄与すると聞けば、注目せずにはいられない。そんなレジスタントスターチの量産化に成功したスマートスターチ株式会社の代表、工藤泰正氏を訪ねた。

消化されずに大腸まで届く
画期的なでん粉=レジスタントスターチ

人の健康に腸内環境が大きく関わっていることは、もう誰もが知っている。ただ、その詳しいメカニズムや、腸内環境を整える=腸活には、どんな方法があるのか? そして何が本当に効果的なのかを、熟知している人は少ない。

腸活のメソッドは、さまざまだ。いわゆる善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を摂取することは基本だが、腸内の善玉菌の餌となる食物繊維などを摂る方法もある。レジスタントスターチは、まさに食物繊維の如く、胃や小腸で吸収されずに大腸まで届く難消化性のでん粉だ。腸内で善玉菌を活性化させ、便通の質を高め、腸内を酸性に近づけるとともに人々を健康へ導く。

「レジスタントスターチは、ジャガイモや豆、さつまいもといった食材にも少しずつ入っていて、誰もが日常的に摂取しています。腸活にいいことは、多くのエビデンスがあって立証済みですが、これまでは、それを効率よく多量に摂る手段は、ほぼありませんでした。含有率が非常に高い、グリーンバナナの長年の研究を活かし、高純度で抽出するとともに、量産化まで実現させたのが、我々、スマートスターチという会社です」

「レジスタントスターチには、複数のイノベーションがある」と語る工藤氏。

グリーンバナナとは、誰もが知っている黄色いバナナに熟す前のいわば“青臭い”バナナ。そのほうが、レジスタントスターチの含有量は高くなる。そんなグリーンバナナの研究が始まったのは驚くなかれ、25年も前だという。本来の目的は、レジスタントスターチの抽出ではなく、フードロス問題の解決にあった。

「岡山には、でん粉から様々な糖を効率的に大量に生産できる技術を、世界で初めて開発した有名なバイオ企業があります。そこで研究者・海外事業責任者として活躍していた林原克明が、グリーンバナナの研究を探求したいと考えたのが約四半世紀前です。中南米のバナナ農園のフードロスの問題に注目する米国の研究者と出会ったことが大きなきっかけです」

林原氏はその夢を実現するために2005年に会社を辞めて、個人で研究を続けたという。本来は、規格外として熟す前に大量廃棄される形の悪いグリーンバナナの有効利用を模索する中で、良質のでん粉であるレジスタントスターチが大量に含まれていることを知る。

では、それを効率的に抽出するにはどうしたらいいか? その技術開発へと駒を進めたが、世界的に見ても成功者が存在しない分野での研究のため、技術の確立には多くの困難が立ちはだかった。年齢も70歳を越え、個人としての活動において、体力、気力に限界も感じはじめた折に、共通の知人を介して工藤氏と林原氏の接点が生まれることになる。

グリーンバナナのレジスタントスターチ含有量は群を抜いている。

「林原と出会い、バナナの研究内容や苦労を知れば知るほど、(レジスタントスターチの)量産化は、個人ではスピードや規模に限界があるため、チームとして資金を集めて取り組むべき事業だと思いました。と同時に、レジスタントスターチは、フードロスの軽減と、人々の健康促進という明確な2つのイノベーションがあることに、大きな可能性と魅力を感じました」

いくつものSDGsに寄与
途上国での新しい雇用も創出

工藤氏は、レジスタントスターチの社会的意義はもちろんのこと、林原氏の研究蓄積、長きにわたり注ぎ込んだ情熱に感化され、事業化の実現を全面サポートする決意を固める。でん粉の開発は全くの門外漢であるにも関わらず、2019年に会社を辞め、林原氏の「この技術で世界を変えたい」という意思を受け継ぐ形でスマートスターチを創業し代表となった。林原氏は共同創業研究者として、工藤氏を全力でサポートする役割で新会社を船出させた。

誰も実現したことのないバナナでん粉の量産化工場創設の難しさ、将来的な海外生産を見据えた特許戦略立案の重要性を考えた工藤氏。そこで本田技研工業社の元副社長・入交昭一郎氏に相談を重ね、量産化プラントの思想や設計、特許戦略などを指南する技術顧問として参画してもらうことになった。

ポップなラベルが目を引くキッドには、すり切り5gの専用スプーンが付属する。

「グリーンバナナから純度の高いレジスタントスターチを抽出している会社は、他にはありません。ニッチなものかもしれませんが、逆の見方をすれば、世界一になれる可能性もある。加えて、環境にも体にも優しいということは、それだけ喜んでもらえる人がたくさんいるということ。それは、何事にも変えがたいモチベーションになっています」

SDGsという観点でいえば、2015年の国連サミットで採択された17の目標のうち、フードロスの問題は、12番目の「つくる責任、つかう責任」に含まれる。世界で、食用として生産された農水産物のうち、実に3分の1は、消費されることなく廃棄されていると言われているが、まさにスマートスターチの行う活動は、その問題解決にリーチすることになる。

「フードロスの問題もそうですが、レジスタントスターチを抽出するために、今後、海外でプラントを建設していけば、途上国での雇用を生み出す契機にもなります。バナナが豊富に採れる場所は、赤道から近い場所に固まっていますが、それらの地域は雇用の課題も深刻です。フードロスと雇用、その両面で寄与していければ本望ですね」

環境にも体にも優しい習慣は
未来の“当たり前”になる

スマートスターチの事業は、持続することで問題解決がなされるという、まさにSDGsと直結している。バナナ由来のレジスタントスターチを製品化してから半年余り。まだまだ挑戦は始まったばかりだが、少なくとも身近なユーザーからは、ポジティブな意見が多いという。

レジスタントスターチは無味無臭。ジュースや水にも簡単に溶ける。

「弊社のレジスタントスターチを摂取し始めたユーザーからの反応は、非常にいいですね。便秘やお肌の悩みの改善、ダイエット効果なども立証されていることから、現在は女性からの反応が主流ですが、将来的には、新常識としてあらゆる方々のライフスタイルに根付いていくと考えています。希望的観測もありますが、腸脳相関など、腸内環境への注目が集まってきている昨今、おそらく3〜4年程度で腸活するのが世の中の“当たり前”になっていくはずです」

レジスタントスターチは、無味無臭の白い粉。パンケーキやパスタといった小麦粉を使うメニューでは簡単に代用ができる。加えて、バナナ以外は何も使っていない食品素材のため、小さい子供からシニアまで、安心して摂取できる。さらには、犬や猫などのペットに摂取させると、便の臭いが気にならなくなるという報告まである。とにかく使い勝手がいいのだ。

「今はとにかくレジスタントスターチの認知度を高めることを、当面の課題にしています。その先は、コロナが落ち着くのを見計らって、一日も早く海外のプラント建設に乗り出す予定です。それが実現すれば、量産スピードは上がり、価格はもっと抑えられる。より世の中に提供しやすくなると思います」

健康促進、SDGsへの寄与、雇用問題の解決etc.……、レジスタントスターチは、大きな可能性を秘めている。長年の貴重な研究成果を活かし量産化まで結びつけたスマートスターチ社のチャレンジャースピリッツは、まだ結実したばかり。“腸活”の新たな常識へ。今後の動向に注目したい。

工藤泰正(くどう・たいせい)
岡山県生まれ。関西大学を卒業後、丸紅株式会社を経て、ソフトバンク・イーコマース株式会社(現ソフトバンク株式会社)へ入社。その後、SBヒューマンキャピタル株式会社に転籍し、本部長、取締役などを歴任。同時に、株式会社シーセブンハヤブサなどの事業会社にて取締役を務め、2019年に退任。同年、スマートスターチ株式会社を設立。以後、レジスタントスターチの普及をすべく、奮闘している。https://smartstarch.co.jp/

関連記事を読む

(text: 長谷川茂雄)

(photo: 増元幸司)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

RECOMMEND あなたへのおすすめ

テクノロジー TECHNOLOGY

配送の完全無人化も夢じゃない!?フォードが開発する宅配ロボット

HERO X 編集部

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、年々増加するネットショッピング。配送業者は多忙を極め、その勤務形態の過酷さがニュースになったのは記憶に新しいだろう。日本以上にオンラインショッピング利用者が多いアメリカでも、このショッピング問題は加速しているようだ。アメリカを代表する自動車メーカーのフォードは、自動運転車との組み合わせで荷物を運ぶロボットを開発中であることを公表した。

荷物を車のトランクから降ろし、地面にころがるキックボードをよけながら玄関へと運んでくれるのはフォードとスタートアップ企業 Agility Robotics が開発している配達ロボットの「Digit」。もはや近未来映画でみたような光景が現実のものとなろうとしている。アメリカのネット通販市場は52兆円とも言われ、その規模は現在中国に次ぐ世界第2位。利用者数は2.2億人を超えるとの予測もあるほどに拡大を続けている。これは国民の65%以上がオンラインショッピングを利用している計算となり、国土の広いアメリカでは配送にも時間がかかる。品物の仕分けやパッキングをする倉庫の中での作業の自動化が進んだとしても、配達するのは人間だ。1人が1日で回れる件数には限りがある。

フォードが進める配達ロボットは配達を効率化するためのアイデアのひとつ。実用化となれば、人手不足を補い、敏速な配達が可能になる。世界規模で広がるEC市場を考えたとき、配達問題を抱えるのはアメリカだけではないだろう。我々が暮らす日本でも、ネット通販の利用者は年々増加の一途をたどっている。経済産業省が公表したデータによると、2017年には日本のEC市場は16兆5000億円を突破、前年比109.0%という驚異的な伸びを見せている。軽やかに歩く「Digit」が動き出せば、各国のシッピング問題を解決してくれるだろう。これが映画ではなく現実なのかと驚くばかりだが、近い将来、日本でも荷物受取のサインはロボットに託す時代が来るかもしれない。

[TOP動画引用元:https://youtu.be/WHWciIxNK2c

(text: HERO X 編集部)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

PICK UP 注目記事

CATEGORY カテゴリー